【戸塚駅 東口】戸塚駅東口の住みやすさ解説!周辺情報・利便性・住み心地など

横浜市にある戸塚駅は、JR東日本と横浜市営地下鉄(ブルーライン)が通っている駅です。

戸塚駅は、JRで横浜駅までわずか10分、東京駅までも40分程で行けるアクセスのいい駅です。

今回は、そんな便利な街戸塚駅の東口側の周辺商業施設や住み心地などについてご紹介いたします。

目次

・戸塚駅東口側の特徴や雰囲気について

・戸塚駅東口側の商業施設

・こんな人におすすめ!

戸塚駅東口側の特徴や雰囲気について

こちらは、JR戸塚駅の2Fの東口になります。

戸塚駅のJRの改札は、地下改札と階段上がって2F改札の2つあります。地下改札は、出口がいくつかあるため、2F改札に上がった方が分かり易いです。

上の写真は、ブルーラインの入り口になります。ブルーラインは、地下を通って改札まで行けるので、雨や風の日は、楽ちんです。

戸塚駅は、駅前に柏尾川という川が流れています!春には、桜が綺麗で、晴れた日などは散歩にお勧めです。

戸塚駅東口側の商業施設

戸塚駅は、明治学院大学がある東口と、ショッピングモールトツカーナがある西口の2つに分けられます。

駅前にトツカーナがあり、駅回りもインフラ整備されている西口側が便利な印象を受けますが、東口側も駅直結で、GUや有隣堂などが入った商業施設modi(モディ)や薬局、スーパーなどもあり、東口側だけでも買い物は困らない駅前です。

商業施設モディには、服屋や本屋の他に100円ショップや家電屋さん、化粧品、雑貨屋、カフェなど一通りの商業施設が入っております。

建物上階にはレストラン街があり、お昼時は、主婦の方々や近くの会社員の方、夕方以降は学校終わりの学生さんなどで賑わっています。

1階には、スイーツや総菜なども揃っています!🤤

戸塚駅東口には、モディの他にAPITA(アピタ)というスーパーメインの商業施設があります。

アピタには、お買い物についでに寄れるフードコートやサイゼリア、マクドナルドなどもあり、お子様連れがこちらは多いです!

こんな人におすすめ!

・勤務先が都心部の人

戸塚駅自体は、JRで横浜駅を通りながら都心部までも40分ほどで行けるので、アクセスが良い駅です。横浜駅、東京駅までダイレクトで行けるのは、とても魅力的で、自宅から勤務先までの距離感もちょうどいいのではないでしょうか。

東口駅前は、商業施設が多く、通勤が遠いので帰り道に買い物を済ませたい方には、とてもありがい駅前となっています。

・利便性が良く、静かで落ち着いたところに暮らしたい人

戸塚には、都心部のガヤガヤから少し離れたいけど、通勤は便利なところに住みたい人が多く集まります。

戸塚駅は、少し離れると川や緑も多いです。駅前の柏尾川は、保育園児のお散歩コースになっていたり、ジョギングをしている人など、のんびりとした景色です。

休みの日にフラット寄ったりするのもいいと思います。

都心部から程度な距離感と、暮らしやすさが魅力的な戸塚駅東口。戸塚から通うのはいかがでしょうか。